透析の現実

腎臓病や糖尿病の患者が行なう人工透析は、本来肝臓で行われる血液の浄化を機機械にかわりに行わせるもので、基本的に一生行う必要があります。またこの治療は時間も掛かるため送迎が必要です。

肝臓に適した食事

肝臓病食の宅配は肝臓病に適した食事を提供してくれるサービスの事で、様々な制限がされた食事メニューを作ること無く手軽に食べることが可能です。肝臓は中々回復しない臓器とも言われ、食事制限は大切です。

がんを漢方薬治療する

がんを漢方で治療する動きは昔から存在し、様々な漢方薬があります。一般的には西洋医学を用いた治療が行われますが、漢方は身体のコンディションを整えながら、免疫力を上げることが出来ると言われています。

高齢化でかさむ医療費

透析の送迎をしてくれる病院を探している方はここがオススメですよ!経験豊富なドライバーが担当するので安心です!

日本の医療費は少子高齢化などの影響により年々増加傾向にあります。また病気の疑いがある時に日本人の中にはすぐに大学病院などの大きな施設で受診をする方もいます。このような結果大学病院などでは毎日のように人で混雑していることが多く、本当に重病の人のケアを行うことができないようになっています。よって今後の動向としては大学病院で受診をする前にまずは地域の内科や外科などで一度受診をして、紹介状を持ってこないと大きな病院では診察することができないような制度を設ける可能性があります。近い将来はまずは内科でかかりつけのホームドクターを住民はもつように指導され、治療はできるだけそこで行うようになることが予想されます。

次に注意すべき点について説明をします。上記にも述べたように現在ではそれほど重病でもないのにもかかわらず大学病院を受診でき、治療費も街の内科や外科の病院とかわりません。しかし最近は夜間の時間帯に擦り傷や風邪などの症状で大学病院へ診療に訪れる人が増加していることが問題視されています。そこである地域の大学病院では風邪や擦り傷などの軽い症状で夜間に受診した場合の費用を値上げすることを発表しました。よって今まで気軽に夜間受診を行っていた方は現在より高い治療費を請求されることがあるので注意が必要です。基本的に夜間は医師や看護師の数も少ないので緊急の場合を除いてはあまり受診することは控えるべきなので、まずはかかりつけの内科を探すことをおすすめします。